Home

美肌・美白研究Blog

薬に頼らず簡単に寝つく方法―アプリの催眠術が有効?

不眠症

ぐっすり眠りたいのに、なかなか寝つけないという人がいる。不眠症や睡眠障害とはいかないまでも寝つけないことに悩む人がいる。

眠るのを助けるために、多くの製品やサービスが市場に出回っている。ニュージャージー州パーサイパニーのマーケティング分析企業IMSヘルスによると、米国人は鼻につける器具から特別な枕に至るまで、2012年に324億ドル(約3兆4000億円)を睡眠関連商品に費やした。また、米疾病管理予防センター(CDC)が8月に実施した調査では、米国の860万人が前月に何らかの睡眠導入剤を服用したことが分かった。
=>この記事を読む

睡眠の質を高めるには―有能な人の睡眠時間は平均8時間36分

1980年代に米中西部の労働者階級の家庭で育ったこともあり、私は睡眠が真っ先に削ぎ落とすべきコストであることを学んだ。私が若いころに尊敬していた人たちは決まって、ほんの数時間の睡眠しかとっていないことを自慢していた。これはまじめな労働倫理に基づくものだが、私は睡眠が必要だということを弱さの象徴とみなすようになった。そして今でも私は職場でこうした認識を持ち続けている。職場ではプロジェクトに携わり、夜遅くまでオフィスに残ることが名誉だとみなされている。
=>この記事を読む

内側からの美白対策に有効な6つの成分

  • 美白の方法
  • L-シスチン | アーティチョークエキス | オレウロペイン | グルタチオン | ナイアシン | ヒドロキシチロソール | ビタミンC | 糖転移へスぺリジン | 美白 | f11-3-22 |

美白には内側からの対策が効果的

これまで、内側からの美白に役立つ成分をご紹介してきましたので、ここで纏めます。
=>この記事を読む

糖転移へスぺリジン

  • 美白の方法
  • ビタミンC | ビタミンP | ポリフェノール | 抗酸化作用 | 糖転移へスぺリジン | 美白 | 血行促進 | f11-3-22 |

血行促進の働きで機能成分を体内にめぐらせる「糖転移へスぺリジン」

糖転移へスぺリジンとはビタミンPと呼ばれるポリフェノールの一種へスぺリジンに、糖を付与して吸収性を高めた成分です。

へスぺリジンとはみかんなどの柑橘類の<皮>に多く含まれている成分です。へスぺリジンには様々な効果・効能があるとされますが、水に溶けにくく扱いにくさがありました。
=>この記事を読む

アーティチョークエキス

シミ・くすみ・そばかすを初期段階で食い止める「アーティチョークエキス」

アーティチョークは、キク科チョウセンアザミ属の植物で、フランス料理などでよく食されています。「アーティチョークエキス」には、紫外線による黒色メラニン生成シグナルの過剰な働きを抑制して、シミ・くすみ・そばかすの要因でもある黒色メラニンの生成を初期段階で食い止める働きがあるといわれています。
=>この記事を読む

シスチン

シスチンとは体内に存在しているアミノ酸の一種です。

シスチンと似た名前にシステインがありますが、シスチンとシステインは違う成分です。システインが2つでシスチンとなり、髪の毛や爪、皮膚などの成分であるケラチンの材料となります。
=>この記事を読む

ナイアシン

ナイアシンで色素細胞からの黒色メラニン放出を阻害

ナイアシンは美肌や粘膜の健康に役立つビタミンB群のひとつです。


=>この記事を読む

ビタミンC

美白・美肌に効果的な成分<3>

ビタミンCは色素細胞を刺激する、そして活性酸素を除去するといった美肌・美白に効果的な働きがあります。

ビタミンCには、活性酸素を除去してメラニン色素をつくりにくくさせたり、できてしまった黒色メラニンを薄くする働きがあるといわれています
=>この記事を読む

オレウロペイン

  • 美白の方法
  • くすみ | オレウロペイン | シミ | 美白 | 美肌 | f11-3-22 |

美白・美肌に効果的な成分<2>

オレウロペインはヒドロキシチロソールを持続化させ、肌色メラニンの生成をさらに効率よくし、美白・美肌に効果を発揮します。
=>この記事を読む

「ヒドロキシチロソール」と「L-シスチン」

  • 美白の方法
  • グルタチオン | シミ | 美白 | 美肌 | f11-3-22 |

美白・美肌に効果的な成分<1>

「ヒドロキシチロソール」と「L-シスチン」はグルタチオンを増やして肌色メラニンを生成することで美白・美肌を促進します。
=>この記事を読む

シミへの対策方法

シミ、できてしまう前に様々な機能成分で早めの対策を

シミは美白・美肌の天敵です。シミの対策方法として重要なのは肌色メラニンを生成して肌本来の白さにアプローチすることです。
=>この記事を読む

女性を悩ます「シミ」のメカニズム

  • 美白の方法
  • シミ | 紫外線 | 紫外線対策 | 美白 | 美肌 | f11-3-22 |

多くの女性を悩ます「シミ」。そのメカニズムとは?

美白・美肌を損ない、紫外線が皮膚に及ぼす影響のなかでも、多くの女性が気になるのが「シミ」。その原因は、皮膚の色素細胞が作り出すメラニンです。

紫外線から身を守るため皮膚に備わった仕組みとして、メラニンは、紫外線・可視光線・赤外線を吸収して皮膚の細胞へのダメージを軽減しています。
=>この記事を読む

紫外線が皮膚に及ぼす影響

女性を悩ます紫外線

紫外線は本来、骨を丈夫にするビタミンDをつくったり、病原菌を殺菌したりと有益なものですが、浴びすぎると悪い影響を受けます。中でも心配なのが、多くの女性を悩ます皮膚への影響です。
=>この記事を読む

美白の大敵、紫外線

毎日が油断大敵!一年中降り注ぐ紫外線

美白・美肌のために日焼け止めや日傘などの紫外線対策は夏だけのものと思う方も多いようですが、紫外線は夏以外の季節にも一年中私たちの上に降り注いでいます。
=>この記事を読む

Home

Feeds
Meta

Return to page top